高齢化社会で注目の介護資格とは

福祉関連で思い浮かべる職業は、ホームヘルパーや福祉士、看護師といった方々かもしれません。看護師であれば福祉施設や病院でも幅広く活躍出来ますが、途中から福祉の仕事を目指そうとする方にとって看護師は敷居が高い資格です。福祉士については、福祉関連の専門学校へ行く、あるいは介護職の実務経験が3年以上かつ実務者研修を修了してから受験資格を得て、国家試験に合格して福祉士になるという道があります。どちらも受験するための制限がある為、すぐに取得できるものではありません。しかし、ホームヘルパーの資格なら比較的容易に取得することが可能です。
以前はホームヘルパー2級などと言われていましたが現在ではそれに該当するのは介護職員初任者研修と呼ばれています。130時間の研修を終えて修了考査に合格することにより、介護職員初任者研修を取得して職員として働くことができます。その後実務経験を積むことによって福祉士を取得する道も開けますので、まずはこれを取得することがはじめの一歩と言えるでしょう。今後日本はさらに高齢化社会になって行く為、早いうちから対策を練っておく必要があります。とりわけ福祉関連のライセンスを持っているなら需要も多く、転職する際にも大きな武器となることでしょう。何よりも福祉関係の仕事に就く際には給与や年収も勿論大事ですが、高齢者と接する上で優しい気持ちと愛情を持って接する心遣いを忘れないことが大切です。自分の家族が福祉施設でお世話になる時にどのような扱いを受けると嬉しいかを考えて仕事をされる事が何より大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です