介護に関連した専門資格と仕事の範囲

介護の上級資格には多種多様な種類が見られます。現場での職務を通じて新たな技能を学ぶ事に加え、専門資格を取得する事で、より卓越した介護技術を身に付けることができます。場合によっては、異なる介護分野のライセンスの取得により職場で新たな職種を任せられるようになるため、個々の活躍出来る範囲が大きく広がるのです。とりわけ、職場のマネジメントではケアマネージャーのライセンスが役立ちます。ホームヘルパーとして現場で実践的なスキルを培い、現場の状況を理解した後にはスタッフをまとめる責任者となるため、管理職に必要な専門的な能力を培う事が重要です。ケアマネージャーは利用者のケアのプランを作成するだけではなく、各スタッフの調整等も行い、ケアを提供する事業者や医療機関とも連携を取ることが仕事です。
従って、サービス利用者に適したケアを提供する重要な役割を担います。そのため事業所のスタッフをまとめ、サービス利用者に適切なケアを提供する上でも重要な存在なので、職場でも管理職的な立場となるのです。管理職につくことで給与面での上昇が見込めますが、その他にも非正規の雇用形態から正社員への登用が期待できたり、福利厚生などの雇用条件の面でも優遇される事が一般的です。その結果、上級資格の取得がより良い雇用条件へと結びつくケースが多くなるため、将来的なステップアップの為にも実務経験を積んだ後で上級ライセンスを取得していく事が重要だと言えます。

ステップアップを目指すならこちらを参考に【介護系資格一覧~キャリアアップを目指して~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です